新築祝い金の素朴な疑問

新築祝いの金額の相場

贈られたことはあっても、贈ったことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか? 新築祝いは一戸建てだけではなく、マンションであっても新築であれば新築祝いを渡す必要があります。 また個人ではなく、法人の場合であっても新しくビルが建てば新築祝いになります。

知っているようで知らない新築祝いとは?

新築祝いの金額は、贈る相手とどれくらい親しいのかによって相場が大きく変わってきます。
例えば、親や兄弟などの血縁者であれば1万円から5万円ほどです。
血縁者の場合、「このお金で必要なものを買い揃えるように」という意味合いも込めて現金を贈られる方が多いようです。

職場の方に贈る場合は5千円から3万円ほどが相場と言われています。
金額に大きな開きがあるのは、贈る相手が上司か同僚、または部下など職場での関係性によって金額が変わるからです。
ただ目上の方に現金を贈ることは失礼にあたりますので注意しましょう。
贈る相手が友人や知人の場合は、5千円から2万円ほどが相場です。
普段から付き合いがあり親しい場合は、事前に必要なものを訊いておき、相場金額と同等の品物をプレゼントしたりすることも多いようです。
ただあまりにも高額な品物などを贈ってしまうと、受け取った側がお返しに困ってしまう場合があります。
現金だけではちょっと、という方は現金と一緒にお花などを贈るのも良いかもしれませんね。

祝い金を包む際にも注意点があります。
慶事のご祝儀などもそうですが、偶数ではなく奇数の金額を包みましょう。
また物品を贈る際には、「火」を連想させるようなものは避けましょう。
他にも「手切れ」の意味があるハンカチや弔事に贈られる日本茶など、つい選んでしまいそうになりますが注意しましょう。
食器など日用品を選ぶ場合、他の家具や家の雰囲気に合わせやすいシンプルなデザインがオススメです。

おすすめリンク

渡す相手が目上の人の場合の注意点

目上の方に現金や金券を渡すことは失礼にあたるため、タブーだと書きましたが、ではそういった場合一体何を贈ればよいのでしょうか? 相手が必要なものを選ぶことができるといった理由でカタログを贈る、もしくはアルコールがお好きな方であればビールやワインなどのお酒類を贈ると良いかもしれませんね。

子供に渡す祝い金

地域や家庭ごとに大きく変わりますが、子供に渡す祝い金は少し特殊な場合があります。 祝い金5万円のほかに、引っ越し準備金や新しい家具家電を購入するためにプラスで現金を渡す場合もあるようです。 もちろん各家庭ごとに大きく開きがありますが、子供から親の場合も相場以上に渡すことが多いようです。