新築祝い金の素朴な疑問

新築祝いの金額の相場

新築祝い金の熨斗

人生で最も大きい買い物ともいえる新築購入です。
祝い金を包む熨斗袋ですが、選ぶ際にいくつかポイントがあります。
表書きには「御祝」や「祝御新築」などと書けば良いでしょう。
新築マンションであれば「御祝」を使用します。
下段部には贈り主の名前を書きます。

熨斗紙の中心にある紐のことを「水引」といいます。
水引には種類があり、それぞれのお祝い事によって使い分けをします。
ひとつは、「一度結んだらほどけない」という意味がある結び切りですが、これは一度きりのお祝い時に使われるもので、主に結婚式などの婚礼関係で使われます。
そして新築祝いや引っ越し祝いなど「何度でも結びなおせる」という意味の蝶結びがあります。
何度あっても嬉しいお祝い事である出産祝いや内祝いなどで主に使います。

新築祝いを渡すタイミング

基本的に新築祝いはお披露目会の当日に渡すことになっています。
都合が合わず、参加出来ない際は新居が完成してから1か月以内を目処に贈ります。
もしお花や商品券、カタログなどを送る場合は前日までには届くように手配しておきましょう。
挨拶が終わったタイミングを見て、自分と親しい間柄の人に渡します。
ただ渡す際に、他の出席者と同じタイミングにならないように注意しましょう。

万が一贈るのが遅くなってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?
そうした場合は、気づいた時点ですぐに贈りましょう。
お祝いの品は多少遅くなっても問題ないとされているので、最大6か月ほどであれば贈ることができます。
1か月を過ぎてしまったからといって贈るのをやめてしまうのではなく、しっかりとお詫びの手紙を添えてお祝いの気持ちを示しましょう。